GIC
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

建物に関して

―建物に関して―
建物の登記

建物の登記に関してご案内しております。

申請書の記載や添付書類・添付図面の作成など煩雑な手続きもありますので専門資格者である土地家屋調査士にご相談ください。

建物表題登記

登記されていない建物について、建物表題登記をすることによって、不動産登記簿の表題部と呼ばれる部分に、所在、種類、構造、床面積、所有者が記載されます。
建物を新築したとき、または未登記の建物を買ったときは建物表題登記の申請をします。

建物表示変更登記

既存の建物を増築等によって、登記簿の表題部に記載されている所在、種類、構造、床面積が変わった場合、建物の用途を変更した時にする登記です。
また、物置などの附属建物を増築した時にもこの登記は必要です。

建物滅失登記

建物が取り壊し等によって滅失した場合にする登記です。
建物滅失登記によって、建物の登記は閉鎖されます。

区分建物表題登記

分譲マンションなど、一棟の建物を区分して所有する形態の「区分所有建物」を新築したときにする登記です。

―建物に関して―
建物の手続き

須藤事務所は弁護士、司法書士、行政書士、税理士等専門家との協力体制があります。
当事務所に相談していただくだけで多方面の専門家からのアドバイスが受けられます。
建物に関する様々な内容をご相談ください。

建物手続きのポイント

POINT-1

地積を測量します

  • ・取引の安全は地積の測量から始まります。

POINT-2

土地・建物の登記の
申請を代理します

  • ・建物の権利保全は表記登録から始まります。
  • ・土地の権利保全は登記簿に正しい地積を記録することから始まります。

POINT-3

境界を調査します

建物手続きの流れ
1.建物依頼

2.資料調査
法務局・市役所等の資料調査

3.敷地調査
建物位置、地形状操作

4.建物測量
確定図面作成

5.登記
建物表題登記、建物表示変更登記