GIC
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

土地に関して

―土地に関して―
土地の登記

「表示に関する登記」のほとんどの場合、所有者に申請義務が課せられており、新たに土地が生じたとき、または変更があったときから1ヶ月以内に法務局に申請しなければなりません。

申請書の記載や添付書類・添付図面の作成など煩雑な手続きもありますので専門資格者である土地家屋調査士にご相談ください。

土地分筆登記

登記簿上、一筆の土地を二筆またはそれ以上に分ける登記です。

土地合筆登記

登記簿上、複数の土地を1つの土地にまとめる登記です。
合筆登記をすることによって登記簿は1つになります。しかし、合筆前の登記簿の地目や所有者が違っている等、合筆できない場合もあります。

土地地目変更登記

現況の土地の地目が、登記簿に書かれている地目と変わったときにする登記です。

土地地積更正登記

登記されている面積と、実際の面積が異なる場合に、登記記録を実際の面積に修正する登記です。分筆登記に伴って行われることもあります。

土地表題登記

公有水面(海・湖など)を埋め立てたり、国有地である無地番の道水路を払い下げたりするときに行う登記です。
登記されていない土地について土地表題登記をすると、登記簿が作られ、表題部に、所在、地番、地目、地積、所有者が記載されます。

―土地に関して―
土地の手続き

須藤事務所は弁護士、司法書士、行政書士、税理士等専門家との協力体制があります。
当事務所に相談していただくだけで多方面の専門家からのアドバイスが受けられます。
土地に関する様々な内容をご相談ください。

土地手続きのポイント

POINT-1

地積を測量します

  • ・取引の安全は地積の測量から始まります。

POINT-2

土地・建物の登記の申請を代理します

  • ・建物の権利保全は表記登録から始まります。
  • ・土地の権利保全は登記簿に正しい地積を記録することから始まります。

POINT-3

境界を調査します

POINT-4

官公庁への許可・申請を代理します

  • ・開発行為許可申請
  • ・農地法関連許可申請
  • ・公有地(道路や水路等)払下申請、他
土地手続きの流れ
1. 土地依頼

2. 資料調査
法務局・市役所等の資料調査

3. 境界調査
現況調査、既設杭調査、仮杭調査、境界立会調査

4. 確定測量
境界杭埋設、面積測量、確定図面作成

5. 登記
登記簿と面積が相違する場合の地積更正登記

―土地に関して―
土地のGPS測量

GPS測量は、地殻変動に左右されず、正確な測量が可能です。

GPS測量の流れ
1. 計画
測量作業の目的、精度に応じて使用機器、既知点、新点を作業規定に準じて計画平均図を作成します。

2. 踏査選点
計画平均図をもとに既知点、新点の上空及び近隣障害等を現地にて調査します。

3. セッション計画
最良の観測時間、衛星数、DOP数を計画します。

4. 埋標
新点の位置に永久標識を設置します。

5. 観測
発注機関の監督員の承認を得た平均図に基づき観測図を作成します。

6. 網平均計算
解析プログラムで基線解析、網平均を行い未知点座標を決定します。

7. 点検測量
発注機関の作業規定に準拠した点検率で点検測量を実施します。